2010年01月20日

「非常に有意義」=日米外相会談を評価−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は13日午前、日米外相会談について「非常に有意義だった。胸襟を開いてお互いに自分の思いを主張して、日米同盟を深化させようと、意思は極めて通じ合った」と述べ、同盟深化の協議開始で合意したことを評価した。また、「日米同盟は安全保障が軸」と指摘した。
 一方、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、クリントン米国務長官が現行計画が最善と強調したことについては、「5月までに結論を出すと言っている。推移を見守っていただきたい」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

虚偽の出会い系サイト運営=詐欺容疑で11人逮捕・警視庁(時事通信)
直木賞の白石さん一問一答「嫌いだった直木賞、好きくらいは言いたい」(産経新聞)
<大雪>西日本の広い範囲で予想 12日夜から13日朝に(毎日新聞)
小沢氏、問い掛けに無言=首相公邸寄り、党大会に(時事通信)
新成人2人、入場断られ暴れる=福井市職員に体当たり−県警(時事通信)
posted by ハタノ ジュン at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。